「プロの翻訳者」への第一歩「トライアル」
このトピックを読む時間: < 1

プロ翻訳者になるには「トライアル」への合格が必要

こんにちは!

「実務翻訳者」として独立しました。

アラフォーから英語学習をしたおじさんが、「プロの翻訳者」として生活できるのか不安でしたが、前職では副業が認められなかったため、辞職して、やるしかない状態へと自分を追い込みました。

翻訳者に転向して、最初の 2 か月は仕事がなく、収入もない苦しい毎日でしたが、3 か月目から仕事が入るようになり、今ではコンスタントに毎月 70 万円以上稼げるようになりましたので、その方法を紹介していきます。

翻訳者になるには

プロの翻訳者として業務をこなしていくためには、

・翻訳会社に就職する

・フリーランスの翻訳者として翻訳業務を請け負う

のが主な手段ですが、組織になじめない私は後者を選びました。

そうなると、企業や翻訳会社が実施する翻訳者の採用試験とでもいうべき、「トライアル」に合格する必要があります。

私は、まず 1 社でもトライアルに合格し、「プロの翻訳者です!」と言える状態になるため、各翻訳会社のサイトでトライアル情報を収集しました。

「トライアル受験」が第一関門!?

というわけで、まずは翻訳会社のトライアルを受験して、合格実績を積み重ねようと考え、翻訳会社探しから始めました。

ここで、私は、「大手の翻訳会社なら、まだまだ駆け出しの翻訳者でも採用して育ててくれる余裕があるだろう」などと就職活動に失敗する学生の思考パターンで、世界のトップ 100 翻訳会社にアクセスすることにしたのでした。

世界の翻訳会社トップ100(2019年)

翻訳会社の名前をチェックして、サイトで「翻訳者募集」のページがある会社に、片っ端からメールを送りました。

その結果、

1 社しか返事が来ませんでした。

数十社も送ったのに・・・

そこで知ったのが、「翻訳会社は本業が忙しいのだから、誰でもトライアルを受験させるわけではない」ということ。

自分も社会人をしていたのだから、相手の立場に立って考えればそのくらいのことわかりそうなものですが、その頃の私は世の中を甘く見ていました。

本気でプロを目指すなら、ちゃんとリサーチをして、トライアルに合格するための準備が必要です。

というわけで、スタートに戻ってやり直しです。

翻訳者コミュニティに登録しよう

個人の検索ではたどり着けない

自力でインターネット検索をしていて気づいたのですが、プロの翻訳者になるための有用な情報は本当に少ないです。

翻訳会社が「プロ翻訳者になるには」という記事を投稿していたり、プロ翻訳者の方が経験談を投稿していたりするのですが、一目でわかる「プロ翻訳者になる方法」は見つかりませんでした。

見つかるのは、「登録して、役立つお知らせを受け取る」という案内ばかり。

おそらく、一度登録したら毎日メール地獄で悩まされると思い、どのサイトにも登録できませんでした。

優良コミュニティを見つけよう

せめて、今後につながる足がかりがほしいと思って、ネット検索を続けました。

そこで、すごくいいコミュニティに出会えたのです。

それは、「アメリア(Amelia)」です。

アメリアには、翻訳の仕事についての説明をはじめ、スキルアップのためのトレーニングやコンテスト、仕事の募集まで幅広く掲載されています。

年会費は 15,000 円(税別)です。

これを高いと考えるか安いと考えるかはあなた次第ですが、私は安いと思います。

何しろ、翻訳者についての情報は本当に少ないですから。

アメリアに参加すれば、翻訳者になるための情報も、翻訳者になってから仕事を充実させるための情報もたくさん詰まっています。

「お試し会員」から参加することもできますので、まずはサイトをのぞいてみてください。

「アメリア」サイト

アメリアの「友人紹介」もご活用ください

アメリアへの入会方法には、自分で申し込む方法と、会員が友人を紹介する方法があります。

後者で入会した場合、紹介者と入会者の両方に Amazon ギフト券 3,000 円がプレゼントされます!

あなたが、もし「友人紹介」制度を活用したいのであれば、下記の申し込みフォームからお問い合わせください。

お名前とメールアドレスを入力いただければ、ご招待の手続きを進めさせていただきます。

「アメリア (Amelia) サイト」はこちら

お問い合わせはこちら