翻訳には辞書が大切
このトピックを読む時間: < 1

「翻訳力」=「語彙力」=「辞書量」

英語を日本語に翻訳するには、「英語力」が必要です。

って、そんなの当たり前ですよね。

ただ、英単語、熟語、文法をすべて頭に入れておかなければならないかと言えば、そんなことはありません。

よく、プロの翻訳者になるには、「TOEIC 900 点以上」とか「英検 1 級取得者が望ましい」といったことが言われていますが、それは必要十分条件ではありません。

翻訳会社採用時のボーダーラインとして一定の基準が設けられている場合はありますが、世界中に翻訳会社はたくさんあります。

つまり、CV (履歴書) に胸を張って記載できるほど高レベルな語学関係の資格を取得していなくても、採用してくれるところはたくさんあります。

ある程度の英語力が身に付いていれば、あとは不足している知識や情報を「辞書」の力で補強すればいいのです。

翻訳のトレーニングから実ジョブまで、多くの辞書を検索する習慣を身に付けておけば、自然に自分の頭の中に用語ベースができ、翻訳力の向上につながります。

ピンポイントの翻訳を最短時間で見つけ出すために、多くの辞書を登録することから始めましょう。

無料辞書から始めよう

あなたの家にも必ずある、「英和辞典」や「和英辞典」。

学生時代に購入した紙ベースの辞書でも、1 冊 5,000 円程度はかかります。

それが、オンラインで使用する辞書となると、10,000 円超えは当たり前。

専門用語の辞書になると、3 万~ 5 万円かかるものも珍しくはありません。

そのため、いきなり高額な辞書を買いそろえる必要はありません。

オンラインであれば、無料の辞書が充実しています。

Weblio 英和辞典・和英辞典

まずは、検索したい英単語を入力すれば、検索結果上位に入ってくる無料辞書「Weblio 辞書」。

https://ejje.weblio.jp/

私は、英単語の意味を調べるとき、手持ちの辞書だけでなく裏取りのためオンライン検索もするようにしているのですが、Webllio の掲載語句には、有料の名だたる辞書にも掲載されていない意味が出ていることがあり、「これだ!」と光明が見えることも何度もありました。

オンラインで用語収集しているためか、使える語句や用法が数多く掲載されているのが特徴です。

英辞郎 on the WEB

https://eow.alc.co.jp/

外国語学習の大手企業「アルク」が監修する辞書。

英単語の検索をはじめ、コーパス(言語データベース)として活用することが可能です。

多くの用法・文例が掲載されているので、文脈から適切な単語・語句の意味を見つけることができます。

無料の Web 版だけでも十分使えますが、有料の Pro 版 (年額約 3,300 円)を購入すると、もっと多くの用法・文例を活用することができ、仕事でかなり役立ちます。

私も Pro 版を愛用しています。

あまり長い文節を入力すると「該当なし」になってしまいますが、ある程度単語数を絞って入力すると、さまざまな活用が掲載されているので、その中から適切な表現を選択すればいいですよ。

Linguee

https://www.linguee.jp/

ドイツの企業が開発した、言語向け人工知能による訳文検索エンジン。

最近、「Google 翻訳」を超える翻訳能力であると評価が高まっている「DeepL」も開発されており、2020 年から日本語にも対応しています。

日常表現から専門表現まで、膨大な言語ビッグデータを解析して構築されたデータベースのため、かなりマニアックな表現を入力しても検索結果が導き出されます。

Microsoft Language Portal

https://www.microsoft.com/en-us/language

言わずと知れた IT 界の巨人、マイクロソフト。

このサイトでは、マイクロソフト製品で使用される用語や語句が掲載されています。

そのため、IT 関係の文章を翻訳するときには、他社の文言であっても参考になる翻訳や言い回しが多く掲載されています。

私は、IT 関係の翻訳を専業でやっているため、このサイトは常に開いた状態で、少しでもあいまいな表現が出てくると検索しています。

マイクロソフトが用いる表現は、他社の文章に当てはめても十分使えるので、このサイトは本当にお勧めです。

とはいえ、無料辞書だけではどうしても検索の限界がありますし、一つ一つ調べていくのも時間がかかります。

そのため、プロの翻訳業務には、有料のオンライン辞書を購入して、「串刺し検索」できるシステムを構築することが必要になります。

串刺し検索にお勧めの辞書やその方法は、また改めて説明しますね。