潜在意識活性化トレーニング8「ルネッサンス」
このトピックを読む時間: 2

目指すは潜在意識の「トランスフォーメーション」

あなたの潜在意識をつくる「いい要素」「よくない要素」が分かったところで、

いよいよ、あなたの潜在意識のトランスフォーメーションをしていきましょう。

トランスフォーメーションには、

「変身」

「変化」

といった意味があります。

あなたが潜在意識の意義と内容を理解したことで、ようやくあなたの潜在意識は、トランスフォーメーションに向けた準備が整ったのです。

「transformation」の画像検索結果

まずは「潜在意識を理解する」ことから

潜在意識は「取扱注意」

「1日でも早く自分を変えたいんだから、早くトランスフォーメーションの方法を教えてよ。」

そう思った人がいるかもしれません。

でも、いきなり潜在意識を変えようとするのは、とてもリスクが高いのです。

というのも、潜在意識はとても繊細だからです。

潜在意識に「いい」要素を取り入れて、順調に活性化しているように見えても、ちょっとしたネガティブな要素が入ってくるだけで、一気に「よくない」状態に陥ることがあるのです。

そうならないためにも、潜在意識を構成するポジティブな面とネガティブな面を理解して、ネガティブな要素を避けてポジティブなものを取り入れる作業が必要なのです。

「え、面倒だなぁ。」と思った人、すでに「ネガティブ思考」に入っていますよ!

潜在意識のメンテナンスを忘れずに

潜在意識は、心を込めて丁寧にメンテナンスすることが大切です。

前にも言いましたが、潜在意識は純粋なので、変わりやすいです。

特に、私たちの周りにあふれている情報は、圧倒的に悪い情報が多いですから、悪い方に変わりがちなのです。

ということで、潜在意識をメンテナンスするために、顕在意識のフィルタリング力を高めましょう。

あなたの周りにある多くの情報の中で、「いい情報」、それも、とびっきりいいものを厳選して、潜在意識に届けてあげましょう。

いい情報が入っていくと、潜在意識は生き生きと働き始めます。

目的を明確化し、成長を目指し、何事にも挑戦し、いつもポジティブに考えるようになります。

あなたも、10の要素を実践していることで、その効果を実感していることでしょう。

今ある潜在意識に「ルネッサンス」を起こそう

それと併せてやってほしいのが、潜在意識のルネッサンス(再生)です。

14世紀にイタリアを起源にヨーロッパで起こった「ルネッサンス」。

ヨーロッパでは、それまで何百年もの間、文化的な発展がなかった暗黒時代でした。

しかし、古き良き考え方を見直し、新しい文化を創造することで、ヨーロッパが再び輝いたのです。

これを、あなたの潜在意識にもやっていくのです。

具体的には、あなたの「よくない」潜在意識の要素を書き換えること。

「よくない」から捨てるのではなく、いいものに転換するのです。

よく、「長所と短所は表裏一体」と言われます。

いい部分はよくない部分でもあり、よくない部分はいい部分でもあるのです。

たとえば、「よくない」要素として使われがちな「飽きっぽい」。

これは、「新しいことにどんどん挑戦する」といういい要素に置き換えることができます。

新しいことをやってみるけれど、自分に合ってないと分かるとやめる。

そして、もっと自分に合ったものを探して挑戦する。

これは、必ずしも悪いことではないですよね。

そういった置き換えをして、あなたの潜在意識を「ルネッサンス」しましょう。

「renaissance」の画像検索結果

ルネッサンスに必要な情報の「意味づけ」

その際、あなたの顕在意識を使ってやってもらいたい作業があります。

それは、「意味づけ」です。

どんなに悪いと言われることでも、よい側面があります。

また、どんなに悪いと言われる人でも、よい面があるのと同じようなことです。

意味づけをどうするかによって、潜在意識への影響が大きく異なる例を挙げます。

思い浮かべてください。

あなたは今、40日間の夏休みを送っています。

8月も下旬になり、夏休みが終わるまで残り1週間になりました。

ここで、

「ああ、夏休みが残り1週間しかない!もう終わったようなものだ…」

と感じるか、

「ああ、夏休みはまだ1週間も残ってる!まだまだ好きなことがたくさんできるぞ!」

と感じるかで、潜在意識への影響は全く異なります。

どっちの方が幸せな気持ちになるでしょう?

「発想の転換」の画像検索結果

それが、あなたの顕在意識が行う「意味づけ」なのです。

意味づけを上手にできるようになれば、それまで「よくない」と思っていた潜在意識の状態を、「いい」状態に変えていくことができます。

特に新しく「いい」情報を取り込んでいかなくてもいいのです。

すでにあなたの潜在意識にある材料を、もう一度顕在意識に引っ張り出して、作り直すのです。

簡単じゃないですか?

そのためには、過去を振り返りましょう。

あなたの「自分史」を書き出してみるのも一つの方法です。

そこで、これまでネガティブにとらえていたことを、ポジティブに書き換えていくのです。

そうすれば、あなたのこれまでの人生も、ネガティブなことが減って、ポジティブなことが増えていくはず。

さあ、もうあなたは幸せな気持ちで満たされるようになりましたね。

過去を振り返ってルネッサンスすることで、あなたの未来が「トランスフォーメーション」していくきっかけになるのです。

ワーク

ワーク15

あなたが最近してしまった失敗体験を思い出してください。

それはどんな内容だったか、詳しく書き出してみましょう。

次に、あなたの顕在意識で「意味づけ」をして、ポジティブな結果に置き換えましょう。

ポジティブなものについては、思いつくままいくつでもアイデアを書き出していきましょう。

(例)上司から修正するように指示された企画書で、言われたところと違う部分を修正してしまい、もう一度やり直しになった。

☞自分が気付いて修正した点は、次回以降の企画でアイデアとして使えそう!

☞今度は自分が主役だ!

☞もう一度文書を見直していると、文書全体をきれいに校正できてより良い企画書が完成したぞ!

ワーク16

あなたの最近の成功体験を思い出してください。

それは、どんな内容だったか、詳しく書き出してください。

すでにあなたの中でポジティブな出来事だったと思いますが、あなたの顕在意識を使って、もっと意味のあるポジティブな内容にレベルアップさせてください。

これについても、思いつくままいくつもアイディアを書き出していきましょう。

(例)自分の出した企画書が採用され、プロジェクトリーダーに抜擢された。

☞これで自分は同期の中でも頭一つ抜け出したかな。

☞少し時間に余裕ができたから、困っている同僚の企画で自分ができることを手伝って上げられれば、いいアイデアをもらえるかもしれないな。

☞新しいチャンスをもらえたから、この企画が終わった時の自分はぐっとレベルアップしているな。

潜在意識のルネッサンス②~イメージを描こう~

Dreams come true(Les rêves deviennent réalité:夢は叶う)

あなたの潜在意識にルネッサンスを起こすために、「意味づけ」と並ぶスゴイ方法があります。

それは、「イメージ」です。

前に、「潜在意識は純粋」と言いましたね。

ちょっといい方は悪いですが、この性質を利用して、潜在意識を「ダマして」しまいましょう。

潜在意識を「スーパーポジティブ」に

潜在意識にルネッサンスを起こすために、

-ネガティブな面をポジティブに

-ポジティブな面はよりポジティブに

書き換える方法はすでに伝えました。

あなたは、イメージによって、「ポジティブ」を単なる「ポジティブ」ではなく、「スーパーポジティブ」に変えることができるのです。

具体的な方法をお伝えしましょう。

普段、顕在意識のレベルで考えると「非常識」「非現実的」なことを、「できる!」と潜在意識にインプットするのです。

潜在意識は純粋ですから、「そんなのムリ!」なんて答えず、素直に受け入れてくれます。

そして、いつか来るそのチャンスに、「あなただったら、○○はできますよ!」と働きかけてくれるのです。

「潜在意識をだます」=「イメージトレーニング」

この「潜在意識をだます」作業は、何だか悪いことのように思うかもしれません。

でも、具体例を挙げれば、あなたはすぐに納得してくれるでしょう。

それは、スポーツの「イメージトレーニング」です。

スポーツ選手が、オリンピックや世界大会といった大舞台で自分が活躍する場面を思い浮かべ、

現実にその場面になった時、動揺することなく普段以上の力を発揮するあのトレーニングです。

誰もが知っているトレーニングですよね。

あれを、あなたの潜在意識に行うのです。

イメージトレーニングをしている時に、ネガティブなことをイメージしないですよね。

たとえば、「サッカーのPKを自分が外して負ける」など。

それどころか、「大事な試合で自分がハットトリックを決めて勝つ!」といったスーパーポジティブなイメージですよね。

今挙げた例は、あなたの潜在意識がルネッサンスを起こすために重要なことです。

つまり、「ポジティブなことだけイメージする」ということです。

ネガティブなことをイメージすると、大なり小なり必ず潜在意識に刷り込まれます。

そのせいで、肝心な時にネガティブな働きかけを受けて失敗するかもしれません。

だから、トレーニングをするときは十分に気を付けてください。

「sport mental training」の画像検索結果

イメージトレーニングがうまくいった人には、こんな人が多いです。

-子供の頃は普通の選手だったのに、大人になって一流のスポーツ選手になる人

-自分の研究がノーベル賞を獲ると信じて、地道な研究を50年間続けて本当にノーベル賞を受賞した人

どんなに時間がかかっても、「自分はできる」と信じて必要な努力を続けたことで、本当に夢が叶う。

それは、決して「脳をだました」からとは言えませんよね。

さあ、あなたも潜在意識を活性化させるイメージトレーニングをやりましょう。

「sport mental training」の画像検索結果

ワーク

ワーク17

あなたは、これまでに「悪いイメージ」をしてしまったために、それが現実になってしまったことはありますか?

あれば、具体例を1つ挙げて書き出してみましょう。

そして、最終的にはどんな結果になりましたか?

ワーク18

あなたは、これまでに「いいイメージ」をしたことで、それが現実にうまくいったことはありますか?

あれば、具体例を1つ挙げて書き出してみましょう。

そして、最終的にはどんな結果になりましたか?

もっとイメージトレーニングがうまくいくために

「イメージトレーニングをしよう」と言っても、なかなかすぐにできることではありません。

また、「イメージするのが苦手」な人も結構いるものです。

イメージに苦手意識のある人にアドバイス。

それは、「潜在意識を活性化すれば、イメージはどんどん湧いてきますよ!」

大丈夫、心配ありません。

日常から、潜在意識の10の構成要素を意識して実践すること自体が、イメージトレーニングです。

毎日忘れずに続けることで、ちゃんとあなたの潜在意識は活性化されていますよ。

イメージの「3つの法則」

イメージトレーニングについて話したついでに、イメージが持つ法則について伝えておきます。

イメージには「限界がない」

イメージには、限界がありません。

たとえどんなことでも、イメージすることが可能です。

そのイメージの内容は、あなたの潜在意識によってどんどん成長します。

今、あなたが感じている、「もう限界」「もう無理」というレベルも、今以上に潜在意識が活性化されれば、現時点の限界はすぐに突破して、さらなる高いレベルの世界に進むことが可能なのです。

イメージには「再現性」がある

あなたがイメージできたことは、すでにあなたの潜在能力の中で実現できています。

つまり、イメージの世界では、あなたは万能なのです。

あとは、イメージしたあなたの実現に向けたプロセスを現実世界で再現することで、現実世界でも実現できます。

この時のプロセスは、あなたが初めてその物事に取り組むのではありません。

潜在意識はプロセスのイメージをちゃんとつかんでいますから、潜在意識の働きかけに応じて行動することで、再現することができるのです。

イメージには「終わり」がない

潜在意識の法則でも伝えましたが、潜在意識に不可能はありません。

あなたがイメージしたことは、潜在意識に実現のプロセスが書き込まれますから、あとは潜在意識の働きかけに従っていけばOK…と言いましたね。

あなたのイメージは、どこまでもレベルアップが可能です。

あなたが「もう無理」「もうここまででいい」とブレーキをかけない限り、イメージの世界に終わりはないのです。

「parallel world」の画像検索結果

NEXT…

潜在意識活性化トレーニング9「理想の自分へ」