モン・サン・ミシェルのお土産
このトピックを読む時間: 2

モン・サン・ミシェルで「買うべき」&「買わない」お土産

モン・サン・ミシェルを訪れると、狭い敷地の中にお土産屋さんがひしめき合っていて、歩いているとどうしても目を奪われてしまいますね。

関連画像

そんな魅力的なモン・サン・ミシェルで「買うべき」「買わない方がいい」お土産を紹介します。

「買うべき」お土産

モンサンミッシェルの「スノードーム」

「mont saint michel snow dome」の画像検索結果

世界中の観光地で販売されている「スノードーム」。

もちろん、モン・サン・ミシェルにもあります。

これは買っておくべし!

すでに集めている人はもちろんのこと、これから旅をしていく中で、スノードームがだんだんたまっていくと、部屋のインテリアにもぴったりです。

ただ、スノードームは割れやすいので、お店でも新聞紙等で包装してもらって、さらに衣類で包むなど、厳重に保管しましょう。

マグネット

「mont saint michel magnet」の画像検索結果

スノードームと同様、マグネットもその土地に行った証明として残せるお土産です。

写真のような凝ったデザインのものから、メタリックなものまでいろいろと種類があります。

自分の好みに合わせて、各地で買ったマグネットを収集していくと、インテリアとしても美しいですね。

絵はがき

「mont saint magasin carte postale」の画像検索結果

お土産でかさばったり重かったりするのが嫌な人は、絵はがきが最も手軽なお土産になります。

複数枚買えば、1枚当たりの単価も安くなりますし、たくさん買ってもかさばらないので、お土産にぴったりですね。

ただ、モン・サン・ミシェルは有名観光地のため、パリのキオスクなどでも買うことができる場合があるので、ありふれたデザインのものを選ぶとかぶることも。

ここは、あなたのセンスが問われるところですね。

写真にも出ている本屋さん「LIBRAIRIE SILOË」では、絵はがきもそうですがフランスの書籍もたくさん販売しています。

「mont saint michel LIBRAIRIE SILOË」の画像検索結果

文章は読めなくても、置いているだけでインテリアにもなるので、特に絵本はおススメです。

モン・サン・ミシェル柄の陶器

モン・サン・ミシェルでは、陶器も豊富に販売されています。

モン・サン・ミシェルの入口である、「王の門」のすぐ横にある「LA PORTE DU ROY」ででは、マグカップや絵皿など、まさにモンシャンミッシェルづくしの陶器が並んでいます。

1つ1つの陶器は手書きで作られているため、デザインをじっくり見て、お気に入りのものを購入しましょう。

「mont-saint-michel assiette」の画像検索結果

中には、お皿の形をした掛け時計もあります。

あとは、地元特産の飲み物「cidre(シードル)」を飲むためのカップ「ボレ」もおススメです。

「mont-saint-michel cidre」の画像検索結果

お店によってもデザインは様々ですから、時間があればじっくり見て選びましょう。

塩キャラメル

ノルマンディー地方やお隣のブルターニュ地方地方では、塩の生産が盛んです。

そんな塩を豊富に使ったのが、日本でも人気の「塩キャラメル」。

モン・サン・ミシェルの中にあるキャラメル専門店「CARAMELS D’ISIGNY」では、おいしい塩キャラメルを購入することができます。

「mont-saint-michel CARAMELS D'ISIGNY」の画像検索結果

塩キャラメル自体は、パリのギャラリー・ラファイエットや大型スーパーでも購入できますが、このキャラメルは限られたお店でしか購入できないので、買っておくといいでしょう。

ガイドブック

モン・サン・ミシェルに行ったことがある人はもちろん、行ったことがない人も楽しめるのが、ガイドブックです。

「mont-saint-michel guide japonais」の画像検索結果

いかにも「外国で作られました」感のあるガイドブックは、旅の思い出にぴったりです。

「買わない方がいい」お土産は?

La Mère Poulard」のビスキュイ

モン・サン・ミシェルの名物店の一つ、「La Mère Poulard」。

日本にもレストランが海外初出店したことも話題になりましたね。

モン・サン・ミシェルでは、このお店の特製biscuit(ビスケット)があちこちのお土産屋さんで売られています。

「mont saint michel la mere poulard biscuit」の画像検索結果

缶に入ったものから素敵な箱に入ったものまで、様々な種類のビスキュイが売られています。

箱に入ったものは5ユーロ程度、缶に入ったものだと、高級なものは10ユーロを超えるものもあります。

ただ、これらのビスキュイは、モン・サン・ミシェルじゃなくても買えるんです!

それは、「MONOPRIX」や「CARREFOUR」といった、フランスのいたるところにあるスーパーマーケットです。

「monoprix」の画像検索結果

「carrefour」の画像検索結果

特に、箱に入ったビスキュイは、1箱1ユーロちょっとで買うことができるのです。

友人や職場など、ばらまき土産として購入するなら、絶対にスーパーで買いましょう!

地元ゲランドの「塩」

先に結論を言えば、これも「スーパーで買いましょう!」

理由は「重いし、スーパーで買った方が安い」からです。

モン・サン・ミシェルは海に囲まれており、その近くでは塩の生産が盛んにおこなわれています。

特に、地元「ゲランド」地方の塩は、世界中に輸出されるほど高品質な塩として有名です。

塩の中でも、「Fleur de sel(塩の華)」は特に高品質なものなので、お土産として購入するならこれがおススメです。

「fleur de sel guerande」の画像検索結果

ただ、モン・サン・ミシェルではただでさえ買いたいお土産がたくさん。

ここで重くてかさばる塩を買ってしまうと、他に買いたいものが買えなくなってしまうかも。

そのため、お土産屋さんに行くと、この塩を買うように勧められることがあるのですが、ここで買うのはやめておきましょう。

地元のお酒「シードル」と「カルヴァドス」

いわゆる、「地酒」のシードルとカルヴァドス。

関連画像

「calvados mont-saint-michel」の画像検索結果

これこそ、パリで滞在するホテルの近くで買いましょう。

理由は「重い」「割れ物」ということです。

特に、パリには「NICOLAS(二コラ)」という酒屋さんがあちこちにあります。

「paris NICOLAS」の画像検索結果

ここなら、フランス全域のお酒を取り扱っていますし、値段もリーズナブルですから、ここで買うことをおススメします。

ただ、モン・サン・ミシェルの絵柄が付いたラベルは、現地でないと購入できないことが多いので、こだわる人はモン・サン・ミシェルで買っておきましょう。