ピカルディーの美しい砂丘を守れ!
このトピックを読む時間: < 1

ニュース映像はこちら

ノルマンディー地方の北、ピカルディ―地方にあるソンム湾。
ここには、広大な砂丘が広がっています。

「la Baie de Somme」の画像検索結果


保養地としても人気のこの地で、年々植生が減少し、荒廃の危機を迎えているのです。

「sans vegetation la Baie de Somme」の画像検索結果

その原因の一つが、観光地として人気が出たことで人間の手が入ったこと。
特にリゾート開発等で明白な環境破壊をしたわけではないのですが、それまで絶妙なバランスがとられていたこの地を少しずつ侵食することになったのです。
たとえば、丘状になった砂丘の通りやすい部分を何度も行き来するうちにできた、砂丘の間の道。
これによって海風の通り道ができ、この土地の植生が減少する原因になったのです。

「Yvan Jacquemin la Baie de Somme」の画像検索結果

そのほかにも、この地で多く生活する馬の生態も影響していると言われていますが、元々は人間が多く立ち入ることになったことが最大の原因でしょう。

そんな窮状を救うため、立ち上がった人がいます。
Yvan Jacquemin氏は、海岸の保全プロジェクトマネージャーとして、日々この地の様子を見守り、住民や観光客に声をかけています。
また、80ヘクタールの土地を購入し、砂丘を再生させるための植物ホヤを育てています。

乾燥した地でも根を張り、たくましく成長を続けるホヤ。
果たして、ピカルディーの美しい自然を取り戻す救世主になるのでしょうか。

関連画像
写真はイメージです