何気ない生活音が今の数十倍に聞こえたら…「Misophonie」の悪夢
このトピックを読む時間: < 1

普段の何気ない生活音が、今の10倍にも20倍にも聞こえたら…

「misophonie」の画像検索結果

フランスで「Misophonie」と呼ばれる、聴覚情報処理障害の一種では、耳から入った音に脳が過敏に反応し、ものすごい騒音のように処理されるものです。

人間の「五感」は、よくできたもので、様々な刺激を「ちょうどよく」処理してくれます。
でも、動物によっては、同じ刺激でも感じ方は異なります。
例えば、イヌは嗅覚が人間の数万倍から1億倍ともいわれます。
私たちが普段嗅いでいる臭い、特に「臭い!」と感じてしまう臭いを、イヌの嗅覚並みに感じたとしたら…
恐ろしいですよね。

「イヌの嗅覚」の画像検索結果

今日紹介されている人は、普段の生活音でさえ騒音レベルに聞こえてしまうMisophonieの女性。
物を落としたり、食べているシリアルの音が今の数十倍に聞こえるなんて、とても普通に生活できるものではありません。
まさに、日常が「悪夢」と化してしまいます。

「cauchemar」の画像検索結果

私たちは、そういった不具合を感じることがないのであれば、その現状を当たり前と思わず、感謝の気持ちを忘れたくないですね。
そして、体をメインテナンスして、良い状態を保つようにしていきましょう。