トレンドとレンジ
このトピックを読む時間: < 1

トレンド相場とレンジ相場

相場には、トレンド相場とレンジ相場の 2 つしかありません。

わかりやすいですね。

それぞれの継続する時間や状況はさまざまなので、チャートを見たときに、その状態がトレンドであるかレンジであるか素人目にはわかりません。

しかし、相場で勝つためには、トレンドとレンジを見極める力が必要だと言われました。

今日は、トレンドとレンジそれぞれの特徴をまとめた上で、初心者が勝つためのエントリーをする方法について書いていきます。

トレンドとレンジを区別する

トレンド相場

チャートを見ると、相場は基本的に上下動、つまり上がったり下がったりを繰り返しています。

その中で、上昇または下降の一定の方向を目指して動いているときがあります。

これを「トレンド相場」といいます。

このうち、

上方向へ向かっている時の相場が「上昇トレンド」

 

下方向へ向かっているときの相場が「下降トレンド」

と呼ばれます。

初心者が相場で勝つためには、このトレンドを掴み、トレンドに従って取引できるようになることが必要です。

これは、「トレンド フォロー」と呼ばれ、世の中の流行と同様、みんなが買っているときに買い、みんなが売っているときには売ることができれば、みんなと一緒に稼ぐことができるわけです。

かの有名な投資家ジョージ ソロスも「Trend is your friend (トレンドはあなたの友達).」と語っています。

あえて世間の流れ (トレンド) に逆らうのではなく、流れに乗って多数派と同じように富を得るのが基本的な考え方と言うことです。

ただ、「ダウ理論」で説明したように、トレンドが形成されたことに気づいて「そろそろ買おうか」と思う頃には、先行投資家たちは既に売却する準備を始めている時期になる場合が多いです。

トレンドの大きな流れに従おうと思ったつもりが、すっかり「時代遅れ」になって、買った途端に下降に転じたり、売った途端に上昇に転じたりする、いわゆる「トレンドの逆行」が起こるのです。

「これだけ下降トレンドになったから、売ってもいいよね」

なんて売り注文した途端に、すべて戻るような上昇に転じたら血の気が引きますよね。

こんな状況を防ぐためにも、ダウの基本法則②のトレンドの中でも、「追従型トレンド (二次的トレンド)」で多数の価値トレーダーの一員になることを目指しましょう。

レンジ相場

レンジ相場は、相場が上昇と下降を小刻みに繰り返し、長期的に見ると横ばいになっている状態のことをいいます。

レンジ (Range) には、幅、範囲、領域などの意味がありますが、まさにある一定の幅の中を行ったり来たりする状態がレンジ相場です。

「ボックス相場」や「もみ合い」といった言い方も、レンジ内で値動きが起こっている状態を指しています。

相場の多くの部分が、この「レンジ相場」であるといわれていて、デイトレーダーの中でも「スキャルピング」による投資を行う人はレンジで小刻みに利益を上げているのですが、素人は手を出さない方がいいとされています。

私自身、以前スキャルピングに挑戦したときは、取引した途端に逆行の大波にさらわれてロスカットになった苦い思い出があります。

やはり、経験の浅いうちは、トレンドをしっかり見極めてそこでトレードできるのが一番ということでしょうか。

今日のトレード用語

スキャルピング

FX 取引で、小さな利幅 (pips) で利益確定することを狙って小刻みに取引を繰り返し、1 日に何回も取引して利益を上げるトレード手法。

売買取引をしてから、決済するまでの時間が非常に短く、数秒から数分程度の時間しか保有しないのが特徴です。

多くの取引で利益を上げるのは、値動きの大きい環境がいいとされていますが、一瞬でレバレッジが広がることが多いため、自分が狙う方向と逆に相場が動いたり、利益が上がった状態で決済したつもりがマイナスになっていたりすることもあります。

一般的には、利益確定と損切りの価格を設定しておけば、思わぬ損失をすることはありませんが、ずっと相場に張り付いておかなければならないため、負担感が多いのが特徴です。

ロスカット

FX 取引で、一定の水準以上の損失が発生した場合に、それ以上拡大することを防ぐために保有ポジションを強制的に決済することをいいます。

損失が出た場合に、マイナスになることを覚悟で自分自身が決済する「損切り」とは異なり、証券会社が行う決済であり、自分ではまだまだ行けると思っていても、決済されています。

ロスカットは、法律で義務づけられており、証拠金残高が一定の基準を割り込む状態になると決済されます。

現在の日本の FX にかかるレバレッジでは、証拠金を大きく超過する損失が発生する可能性は低いですが、一瞬で相場が大きく変動した場合に思わぬ損失を被ることがありますので、ロスカットは消費者に優しい制度と言えます。