フランス語単語学習法~名詞の性別~
このトピックを読む時間: 2

名詞の性別は面倒!!

今日は、英語をずっと学習してきた日本人が、フランス語を学習する中でうんざりして挫折しがちな、「名詞」についてお話しします。

というのも、フランス語の名詞は、男性名詞と女性名詞とがあり、性別が分かれているがゆえに話したり書いたりするときに混乱する原因になりがちなのです。

さあ、今日は面倒だなと思いがちな内容ですが、可能な限りシンプルにお伝えしていきますね!

フランス人も知らない、名詞の性別

フランス語の学習をする中で、男性名詞と女性名詞は覚えないといけない高い壁だと思っていませんか?

実は、フランス人は、名詞の性別なんて気にしていないんです。

しかも、名詞の性別が分かっていないまま平気で会話をしている人もたくさんいます。

ですから、何が男性名詞で何が女性名詞かなんて覚えなくていいんです。

お・わ・り

では講座にならないので、今日は、「これだけ覚えればいい」ポイントをお伝えします。

「geste d'interdire」の画像検索結果

男性・女性名詞をざっくりと!

「男/女らしい」名詞?

名詞が「男性」と「女性」に分かれると言われても、日本語の感覚で見ると全然よく分からないですよね。

「男らしい」名詞とか、「女らしい」名詞なんてイメージできないですし、ほとんどがそういう分類ではないので、これから説明していきます。

パターン化したものだけ覚えよう

子供の頃から英単語を覚えるようにフランス語単語を学習してきたなら、

一つ一つの単語をきちんと覚えるかもしれませんが、

大人の学習にそんなのムリですよね。

ですから、パターンで男性名詞、女性名詞になるものを覚えてしまいましょう。

私の経験上、それで十分やっていけます。

1 語尾が「e」のとき、かなり高確率で女性名詞

最初に、名詞の語尾がeで終わるものは、女性名詞になる場合が多いです。

ここにいくつか例を挙げましたが、国名まで男性・女性に分かれるんですね。

ちなみに、フランスは女性名詞です。

でも、すべてのeで終わる名詞が女性名詞というわけではなく、男性名詞の中にも語尾がeで終わるものが複数あるので、絶対とは言えません。

これは一つの目安として考えるようになりますが、かなり当たっていますから、覚えていて損はないですよ。

2 外来語は男性名詞

次は、外来語は、必ず男性名詞になります。

日本語でもおなじみの寿司、ラーメン、盆栽といった名詞は、フランスでも多くの場所で見かけます。

英語から派生したフランス語もたくさんあり、特に-ingの動詞を使った名詞が便利に使われています。

かつては「フランス人は英語が苦手」と言われていましたが、今は流ちょうな英語を話す人が多く、若者を中心に英語が自然にフランス語の一部として使われているんですね。

「bonsai」の画像検索結果

これだけ覚えればほぼOK!のパターン

覚えるべきパターンは、男性7種、女性10種のみ

では、いよいよ、男性・女性名詞のそれぞれパターンで覚える内容に入っていきましょう!

名詞で、これを覚えればほぼイケる!のは、

男性名詞7種類

女性名詞10種類

ただそれだけなんです。

簡単でしょう?

「francais masculine et feminine nom」の画像検索結果

3 必ず女性名詞になるパターン

まずは、必ず女性名詞になる語尾です。

➀-tion(シヨン)~(例)la natation 水泳

②-ance, -ence(オンス)~(例)la distance 距離

③-té(テ)~(例)la priorité 優先度

④-ie(イー)~(例)l’ étudie 研究

⑤-ette(ット)~(例)la lunette 眼鏡

⑥-elle(エル)~(例)la vermicelle 麺類

⑦-aison(エゾン)~(例)la maison 家

⑧-tude(チュッド)~(例)l’attitude 態度

⑨-esse(エッス)~(例)la vitesse 速度

⑩-ure(ユール)~(例)la nourriture 食べ物

これら10種類の語尾の時は、必ず女性名詞になります。

ぜひ覚えておきましょう!

「feminine」の画像検索結果

4 必ず男性名詞になるパターン

次は、必ず男性名詞になる語尾です。

➀-eau(オー)~(例)l’eau 水

②-age(アージュ)~(例)le maquillage 化粧

③-isme(イズム)~(例)le séisme 地震

④-ment(モン)~(例)le monument 記念碑 

⑤-et(エ)~(例)le poulet 鶏肉

⑥-oir(オワール)~(例)le moussoir 泡立て器

⑦-ail(アイユ)~(例)le travail 仕事 

全部で7種類の語尾になる時は、必ず男性名詞になります。

簡単ですね!

「masculine」の画像検索結果

名詞の覚え方のポイント3つ

最後に、名詞を覚える時や実際に使う時のポイントを3つお伝えして終わりにします。

名詞の覚え方

まずは、名詞の覚え方です。

単語だけ覚えるのももったいないので、名詞を覚える時には必ず冠詞もセットで覚えて、男性・女性の使い分けができるようにしておきましょう。

冠詞に注意しよう

次は、リスニングにも役立つ覚え方ですが、フランス人が話す時には冠詞に注意して聞きましょう。

フランス人は、冠詞をさりげなく付けて話しています。

話の中で、大事なことは名詞に含まれることが多くありますから、単語に注意して聞くと理解しやすいですね。

そのときに、ついでに冠詞がどのように使われているか注意して聞くことが、名詞を理解するだけでなくリスニング力をアップさせるためにも効果的です。

性別が分からないときは、ぼかしてしまおう

最後に、自分が話す時ですが、言おうとする名詞の性別が分からない時にはぼかして、名詞だけはっきり言えば伝わります。

フランス人は、それほど名詞の性別を気にしていません。

私の場合、フランス人に名詞の性別をどうやって覚えたか聞いたら、「自然に覚えた」とか、「フランス人だって名詞の性別なんて知らない人が多いよ」と言われました。

だから、そんなに気にしなくて大丈夫ですよ。

関連画像

コミュニケーションのためには、名詞の性別はそれほど気にしなくてもいいのですが、性別まで使い分けることができれば、フランス語スピーカー上級の雰囲気が出てきますね。

今日お伝えした法則を覚えておくだけで、性別に困った時に自然と使い分けるようになっていきますから、ぜひ活用してください。