フランス語会話~リアクション~
このトピックを読む時間: < 1

日本人は無反応!?

「Pas de réponse」の画像検索結果

それでは、フランス語のマスターに相づちが重要な理由をさらにご説明します。

私は、相づちこそ日本人が外国人とコミュニケーションを取るために必須のコミュニケーションツールだと考えています。

テレビなどで外国人のリアクションを見ていると、

「C’est vrai!?」とか、「Oh la la.」のように、私たち日本人からしたら感情豊かというか、大げさなくらいの感情表現をしますよね。

そんな姿を見て、「かっこいい」とか、「あんなふうに感情を表現できたらいいな」と思ったりしたことはありませんか?

それなのに、流ちょうに外国語を話す日本人を見ていると、外国人張りの豊かな感情表現について、「何、あの人!外国かぶれじゃん」とか「なんか違う―」とか悪口を言っている人、いませんか?

でも、それこそが私たち日本人に必要な感情表現なんです。

フランス人と話をしていると、日本人の怖い話みたいになって、「ゾンビみたいに無表情で話を聞いていて、何も反応してくれないから怖い。」ということをよく言われました。

奥ゆかしいはずの日本人の反応は、外国人からしたら「無表情」「無反応」に映ることが多いようです。

言葉はなかなか出なくても、もっと大げさなくらい自分の感情を出しましょう。

目指せ、リアクション芸人!

テレビで、外国語の話せない芸能人が海外でロケをして、片言の英語やジェスチャーをフルに使ってコミュニケーションを取りながらミッションを達成する番組がありますよね。

こんなとき、「私は英語が話せます」と自慢げに話すハーフタレントよりも、全然英語が話せない芸人さんの方がびっくりするくらいうまくコミュニケーションを取って早くミッションクリアしているところを見ませんか?

それこそ、私たちが求める「コミュニケーション上手」なのです。

私たちにも、言葉が分からない国へ旅行した時に同じような経験がありませんか?

全然その国の言葉は話せないのに、一生懸命自分の意思をジェスチャーや日本語で伝えているうちに、相手も同じようにジェスチャーや絵を描いて相手をしてくれて、何とか伝わったことです。

そこで、提案です!

フランス語が全然話せないという方、「リアクション芸人を目指しましょう!」

いえ、ただしくは、「感情豊かなリアクションを身に付けましょう!」です。

そのためにも、感情豊かな相づちを身に付けましょう。

「very surprised」の画像検索結果