食事のタブー
このトピックを読む時間: 4

目次

国や地域によって独自のマナーあり

国や地域によって、食事のマナーは異なりますね。

私たちが日本でフランス料理をいただくときでさえ、マナーは気になるところです。

フランスでは、「エチケット」として守らなければならないことはたくさんあります。

世界に誇るフランス料理の本場フランスで食事をするときのタブーはぜひ知っておいて損はないですし、知らなければ素敵な食事がつまらなくなることもありますから、しっかり身に付けておきましょう。

「etiquette」の画像検索結果

食の大国フランスのタブーを紹介

サービスにかかる時間にイライラしない

私たち日本人にとって、食事はおいしさや楽しさだけでなく、サービスのスピードも重要な点の一つになりえます。

でも、フランスのカフェやレストランでは、スピードを求めてはいけません。

フランス人は、食事を楽しむことを人生の楽しみにしていて、そこに「早く食事を済ませて、次の仕事や予定をこなす」という気持ちは働きません。

ですから、サービスをするウェイター/ウェイトレスといったスタッフも、スピーディなサービスをしようとは考えていないのです。

あなたが注文しようとウェイターを呼び止めたり、お会計したいのにいつまでもウェイトレスが来てくれないからといって「急いでいるので、すぐにしてください。」なんて言ったりするのはタブーなのです。

「レストランで店員を呼ぶ」の画像検索結果

食事の席には、案内されてから座ろう

お店でも自宅に招待された時でも、食事を提供してくれる人が指定する席に座る。

これがフランスのマナーです。

特に、自宅に招待された時、席がたくさんあるからと言って勝手に好きな席に座るのはNGです。

ホストは、食事を提供する時、ただご飯を食べさせるのではなくいろいろなことに気を配っています。

配席もその一つです。

ですから、ホストが「こちらにどうぞ」という席に座りましょう。

レストランでもそうです。

ただ、自分がこの席に座りたくない場合、「あの席でもいいですか?」と聞くのはアリです。

いくらフランスでは指定された席に座るのがマナーとはいえ、相手が外国人や観光客だと思って人気のない席に座らせるスタッフはいますから。

せっかくなので楽しく食事をしたいですよね。

「レストランで席に案内する」の画像検索結果

姿勢の良さは「両拳をテーブルの上に」

日本では、姿勢を正して座るというと、拳はどこに置きますか?

「膝の上」か「太腿の上」ですよね。

でも、フランスの食事シーンでは違います。

拳は、テーブルの上に置くんです。

「フランス料理での座り方」の画像検索結果

「え、なんかやりにくくない?」と思った方、ぜひ一度やってみてください。

意外に安定しますよ。

そして、日本でも同じですが、食事中に肘をつくのは絶対NGです。

疲れていても、眠くても、それはやめましょう。

レストランでは、一品をシェアするのはタブー

レストランで食事する時、「今日はフルコースはいらないや」とか、「今日は急いでいるから、メインだけ注文しよう」という時があると思います。

でも、そんな時、一品だけ注文してシェアするのは失礼に当たります。

フランスの食卓では、「一人一品」が基本で、例えば2人で食事をするのに、一品しか注文しないというのはあり得ないことなのです。

「食事中をシェア」の画像検索結果

それは、例え子供が含まれていても同じように考えられます。

私がフランスで生活していた頃、面白いエピソードがありました。

妻と子供2人と4人でレストランへ行き、メイン2品だけ注文しました。

当時子供が小さかったため、それぞれ大きめのメニューを頼んでシェアしようとしたのでした。

でも、ウェイトレスは、「4人いるのに、何で二品だけなの?」と何度もたずねてきて、1,2,3,4と指で差して数える動作を繰り返し、「子供が小さいのでシェアします」と言うと、それでも首をかしげて「子供たちに何か注文してあげないの?」と言っていました。

彼女としては、ひょっとしたら私たちは子供にご飯を食べさせないひどい親に見えたのかもしれません。

そのため、スープとサラダを別に注文して、「スープはこの子の分」「サラダはこの子の分」と伝えると、やっと注文を受け付けてくれたのでした。

日本と違いますよね。

席に着いたら、すぐにナプキンを膝の上にかけよう

レストランで着席したら、まずはナプキンを膝の上にかけましょう。

「レストラン ナプキンを膝の上に」の画像検索結果

ここで問題なのが置き方です。

全て広げるか?半分に折るか?

正しくは、ナプキンを3分の1内側に折って、折り目を手前側にして膝に置きます。

なぜ、折り目が手前なのでしょうか?

それは、折り目を手前にすることによって、食事でナプキンを使用することで汚れた部分を食事する相手に見えないように、汚したらその都度奥に奥に折り込んでいくことができるようにするためです。

そうすれば、ナプキンのきれいな部分が表に見えて、汚くなったところは中に織り込んでしまうことができるのです。

「フランス料理 ナプキン 膝の上」の画像検索結果

参考までに、ナプキンのマナーをあと2つ。

まずは、途中退席のサインです。

食事中に席を立つのはマナー違反なのは知ってますよね!?

食事はとても大事な物だと西洋では考えられているので、途中退席は許されていません。

たとえ携帯電話が鳴ったとしても、それで立ち上がるのはダメみたいですよ。

でも、食事を終えてデザートの後の紅茶やコーヒーを飲む段階になると、途中退席が許されます。

さて、途中退席する時には、ナプキンはどうすればいいのでしょうか?

答えは、椅子の上に置きます。

「フランス料理 ナプキン」の画像検索結果

しかも、ナプキンを綺麗にたたむ必要はありません。

半分程度の大きさにして椅子の上に置いておけば、途中退席の合図になり、「まだ食事中です」という意思表示になるのです。

あとは、食事終了の合図です。

食事終了時は、ナプキンを膝から外してテーブルの上に置きます。

「フランス料理 ナプキン ごちそうさま」の画像検索結果

ナプキンを置く場所は、デザート皿の右側上方に置きます。

たとえデザート皿が下げられていても、デザートがあった場所の右側に置きます。

そこでタブーなのが、「ナプキンをたたんではダメ!」ということです。

ナプキンをたたむ行為は、「料理がまずかった!」という意味になります。

広げたままだと邪魔だという場合は、折りたたんでも端と端を重ねずにずらすようにしましょう。良い形としては、真ん中をつまんで三角形にして置くのがおススメです。

「フランス料理 ナプキン 食事終了」の画像検索結果

店員が「Bon appetit!」と言ってから食事をいただこう

レストランで食事が運ばれたら、すぐにでも食べたいですよね。

でも、ちょっと待ってください。

フランスで料理をサーブする時には、食べるタイミングが考えられています。

そのため、「召し上がれ」を意味する「Bon appetit!」と言われてから食べ始めるようにしましょう。

「restaurant serve」の画像検索結果

「ボナペティ」を言われないうちに食べ始めるのは、食事のマナー違反なのです。

「レストランで自分は金を払っているのだから、いつ食べ始めようが勝手だ」というのは、横暴な日本人の発想です。

ちゃんとウェイター/ウェイトレスが「Bon appetit!」と言ってくれてから、「Merci!」と笑顔で答えていただきましょう。

「restaurant serve」の画像検索結果

良い料理をいただくときには、ジュースを一緒に飲むのはやめよう

フランス料理は、マナーだけでなく食べ方も重要です。

「いかにしてより美味しくいただけるか」を重視しているようにも感じます。

その一例が、「上等な料理をいただくときには、飲み物はジュースにしないこと」があります。

「restaurant dish juice」の画像検索結果

日本でも、どんな食事の時でも飲み物はコーラという人がいますよね。

私は、食事の時はお茶か水というタイプなので(←私はお酒をやめました)、ご飯と一緒にジュースを飲んだら味がこんがらがって分からないという意味で、この習慣には賛成です。

あと、ジュース(ソフトドリンク)だけでなく、レストランによってはビールも食事と一緒に注文するのは下品だとみなされる場合があるようです。

ビール好きは要注意!

「restaurant beer」の画像検索結果

ドギーバッグは歴史的には×、法律的には◎

「ドギーバッグ」知ってますか?

これは、アメリカ発の残した食事をお持ち帰りするための入れ物のことです。

この名前の由来としては、レストランで食事をした人が、「家でお利口に留守番をしている犬のためにおいしい食事の残りを持って帰りたい」と言ったことから広がったともいわれていますが、残食のお持ち帰りはアメリカの文化なんです。

一方、フランスでは、「持ち帰りは恥」という歴史がありました。

自分が注文した食事はきちんと食べるのが礼儀ですし、前にお話ししたように一品をシェアすることすら拒否するくらい自分の注文した食事はきちんと自分で食べるという文化がありました。

また、食事を残すことは、キュイジニエに対するクレームの意味も持っているのです。

ですから、注文した食事を残す時には、「おいしかったのですが、おなかがいっぱいなので食べきれません」などとお断りしてから帰らないと、叱られるなんてこともあったようです。

「restaurant I eat too much」の画像検索結果

ただ、フランスでもフードロスの問題が年々深刻化して、2016年には「ドギーバッグ法」という法律まで施行されたのです。

その名の通り、レストランで食べきれなかった食事は持って帰ってちゃんと食べようという意味合いなのです。

現在、フランスでドギーバッグがどれだけ浸透しているかというと疑問ですが、少しずつ食文化に変化が起こっているのは事実です。

「飲み物に氷がない!」とクレームを付けないで

今は夏です(と想像してください)。

いつもは30℃に達することの少ないパリで、今日はアフリカからの風が吹き込んだせいで35℃の猛暑日になってしまい、汗はだらだら、喉はカラカラです。

そこで、あなたはカフェに入って冷たい飲み物をいただくことにしました。

でも、頼んだはずのミント水は、冷たいどころか常温のぬるい水。

「menthe à l'eau」の画像検索結果

とてもさわやかに喉を潤すなんてほど遠い状態でした。

ただ、ここで注意。

たとえあなたが「氷を入れてくれませんか?」と言ったとしても、「それはできません」と言われてしまう場合があるのです。

ここは日本ではありません。

冷たいはずの飲み物に氷が入っていないからといって、異常ではないのです。

氷に限らず、冷たいはずの飲み物が冷たくないということはザラにあります。

例えば、ビール。

日本だったら氷点下のキンキンビールなんて言うものもありますが、ここはフランス。

特に、クスクスなどのアフリカ系料理のレストランだと、ぬるいビールが出される可能性が高いです。

「couscous beer」の画像検索結果

もしそんな飲み物に当たった時は、こう考えましょう。

「氷が入ったりキンキンに冷えたりした飲み物を飲むと、胃腸が収縮して血流が悪くなって、寿命を縮めるから今日はラッキーだった!!」と。

医学的にはこれは事実ですから。

最初に自分のグラスにワインをついではダメ!

食事の時、ワインボトルがあなたの前に置かれていたとします。

そんなとき、絶対に「手酌」はダメ!

「serve wine」の画像検索結果

あなた自身が最初にワインを飲んでしまうのは、他の方々への礼を失する行為です。

まずは、他の人に「ワインはいかがですか?」とたずねましょう。

そして、他の人にワインをついでから、自分のグラスにつぎましょう。

「serve wine」の画像検索結果

ただ、ここで一つ大切なポイントを。

ワインの栓を開けたばかりの時は、あなたが自分のグラスに少しだけサーブします。

それは、ワインのコルクがわずかばかり上澄みの部分にかかっていることがあるからです。

そのコルクをほかの人に注がないように、まずはあなた自身がコルクを引き受けるのです。

あくまで、コルクが入る程度の少量ですよ。

いっぱいついでしまうと、あなたが一人で先に飲もうとしているみたいですから。

他のテーブルの人にも「Santé!」のアイコンタクトを送ろう

あなたが店員さんから「Bon appetit!」と声をかけられて食事を始める時、ほかのテーブルの人はどうしていると思いますか?

かなり高い割合で、あなたのテーブルの方を温かい目で見守っていると思います。

それが、「乾杯!」で使われる「A votre santé!」の精神です。

「restaurant many tables」の画像検索結果

その時、他のテーブルの人たちは、あなたたちがおいしい食事をとって、健康でありますようにと願ってくれているのです。

フランス人は、話すことも好きですがアイコンタクトも上手に使います。

ですから、あなたが食事を待っている時や食事をしている時、他のテーブルに料理が運ばれて食事を始めるタイミングに当たったら、笑顔でアイコンタクトを送ってあげましょう。

アイコンタクトといえば、店員さんを呼び止める時もそう。

できれば、担当する店員さんが近くを通りかかる時に、分かるようにアイコンタクトで呼びましょう。

できる店員さんなら、そんな視線を鋭く感じ取ります。

ちょっと鈍い人には、「Monsieu/Madamer, s’il vous plaît?」とさりげなく声を掛けましょう。

「restaurant server」の画像検索結果

食事は残さないのがエチケット

フランスのレストランでの食事は、「量が多い!」という方。

食事は残さないのがエチケットです。

食事を残していると、「この食事はおいしくなかった」とか「食事を楽しめなかった」という意味合いになり、相手を侮辱するような意味になってしまいます。

ですから、食事は完食が基本です。

「完食した皿」の画像検索結果

ただ、どうしても食べられない時は、

「おいしかったんですが、おなかがいっぱいで食べられませんでした。ごめんなさい。」

と一言伝えましょう。

結構気を遣う!パンの食べ方は?

レストランに行くと、席に着いた時からパンが準備されていたり、最初に運ばれてきたりするものです。

「restaurant pain」の画像検索結果

でも、ここで注意!

パンは居酒屋の付け出しではありませんから、本来は前菜が運ばれてきてから一緒に食べるものです。

もっと厳しいマナーだと、スープを飲んだ後なら食べてもいいとも言われています。

おいしいバゲットがサーブされるお店だと、おいしくてついついすぐに食べてしまうことがあるかもしれませんが、マナーとしてはOUT!です。

フランス料理でのパンの持つ意味合いは、「お口直し」です。

一品一品いただくごとに、口の中をリセットするためにパンをいただくのです。

とはいえ、基本的にパンはお代わりしても構いませんし、食べ過ぎということはありません。

一般的には、デザートに入ったらパンは片づけられるものですが、それまではパンを食べるのは問題なしです。

ちなみに、パンを食べる時のマナーをいくつか紹介しておきます。

➀パンは、一口大にちぎりましょう

大きな塊のままかぶりつくのはやめましょう。

一口大にちぎって、その都度上品にいただきます。

「パンをちぎる」の画像検索結果

②バターやジャムは、上品に塗りましょう

バターやジャムを付けて食べる時には、パンを一口大にちぎってから口に入れる前に塗るようにしましょう。

「パンにジャムを塗る」の画像検索結果

③パン皿は?

パン皿が置かれている時は、パンを置くことができます。

でもない時は?

そんなときは、テーブルクロスの上に直接置いて大丈夫です。

テーブルクロスは、食事によって汚すことは問題ないので、置いてくださいね。

「Mettez du pain sur la table」の画像検索結果

間違っても、他の料理のお皿に置かないようにしましょう。

④パンくずはどうする?

パンくずは、基本的にはそのままにしておきます。

だんだんたまってきて気になるようなら、店員さんに片づけてもらいましょう。

自分で集めたり、下に落としたりするのはNGです。

「パンくず取り」の画像検索結果

食事はゆっくり。ガツガツ食べるのはマナー違反

「がっつり食べる」のは好きですか?

私は大好きです。

でも、フランスでは日本と違って「ガツガツ食べる」ことに注意を払わなければいけません。

「Façon vulgaire de manger」の画像検索結果

➀日仏で「ガツガツ食べる」感覚は異なる

あなたにとって、「ガツガツ食べる」のはどういう意味ですか?

先輩がおごってやると言ってレストランで食べる時、遠慮なく注文して食べることですか?

人の家に招待してもらった時、おなかいっぱい食べることですか?

これらのことは、日本では「がっついている」印象を持ちがちですが、フランスでは違います。

おごってもらう時は、遠慮なくおなかいっぱいいただいた方が、おごった方も喜んでくれます。

まあ、ケチな人の場合は例外があるかもしれませんが…。

また、人の家に招待してもらった時、おなかいっぱい食べて「おいしかったです!」と笑顔で言えば、家の人は心から喜んでくれて、また招待してくれるでしょう。

あと、日本ではNGの、「お皿に残ったソースやスープをパンで拭って完食」はどうなのでしょう?

フランスの一般家庭では、「おいしく全部いただきました!」という合図だそうです。

ただ、星付きのような格式高いレストランだと、いい印象を持たれないためやめた方がいいと言われていて、この流れが一般家庭にも来ているようなのです。

ですから、これからの新しいマナーとしては、やめておいた方がいいのかもしれません。

参考までに、このマナーの住み分けとしては、「一般家庭はOK,上流家庭はNG」のようです。

貴族社会のフランスならではですね。

②食べる姿勢に気を付けよう

フランスで食事をいただく時、姿勢が重要です。

まず、フォークとナイフをうまく使って食べることが重要なので、日本食を食べる時のようにお皿を持ち上げて口にかき込むのは絶対ダメ!

次に、フォークに食べ物をうまくのせて口に運べないからと言って、顔をお皿に近づけて食べる「犬食い」もダメですよね。

「犬食い」の画像検索結果

フランスでは、犬食いのことを「豚のような食べ方」と言って嫌います。

どっちにしてもがっついている印象がありますね。

そして、がっついている印象の最たるものは、運ばれた一皿をさっさと食べてしまって、他の人は食べているのに暇を持て余している様子です。

それでは、「僕はおなかが減ってたまらないんだ!」というガツガツ感があふれ出てしまいます。

「フランス料理を食べる」の画像検索結果

できるだけゆっくり、他の人とペースを合わせて楽しく会話しながらいただきましょう。

③音を立てないように気を付ければいい感じ!

フランス料理に限らず、食器をカチャカチャと音を立てて食べるのは最悪です。

周りの人にとっても不快ですし、何よりあなたが「がっついている」ことの一番の証明になってしまいます。

ですから、まずは音をたてないように食べることを心がけましょう。

フォークやナイフをお皿にぶつけたり、スープを飲むときにすすったり。

そんな行為をなくしていこうと気を付けることで、自然に食事のスピードはゆっくりになります。

「フランス料理を食べる」の画像検索結果

あとは、食事中の会話を楽しむようにすると、周りの人と同じペースで食べられるようになります。

でも、ここで一つ。

口の中に食べ物が残ったまま話しているのは下品なので、空っぽにしてから話しましょう。

「口いっぱいほおばる」の画像検索結果

gourmet」と「gourmand」どう違う?

gourmet(グルメ)」と「gourmand(グルマン)」、どちらもカタカナで使われることも多い、食事に関する用語ですね。

まず、グルメは、「おいしいものを食べる」ことを言います。

「グルメな男性」の画像検索結果

グルメ雑誌やグルメ番組など、日本でも使われている通り。

でもないんです。

ここで比較する言葉になるのが「グルマン」。

「グルマン」の正確な意味は、「食通でありながら、おいしいものをたくさん食べる」ことを言います。

簡単に言えば、「食いしん坊」です。

フランスでは、3大珍味ともいわれるトリュフ、キャビア、フォアグラをいただくことは「グルメ」ですが、これらの食べ物は高級でもあるため、たくさん食べて満足するものではありません。

むしろ、おいしいものは少しいただいて、「また食べたいね」と次の楽しみにするのがいいのです。

こんな時、グルマンは、一緒に食事をしている人がびっくりするくらいよく食べるのです。

それでも、彼らは食の何たるかを知っているため、下品ではなく、「よく食べますね!」と感心されるのです。

ちなみに、ガツガツとおなかいっぱいになるまで食べる人は、「Goinfre」と言います。

関連画像

「むさぼり食う」「食い意地が張った」というような意味もあり、その意味だけで、下品な感じが伝わってきますね。

ひょっとすると、日本のグルメ番組の中で、食べ放題の特集はグルマン、いやゴワッフフの間違いでしょうか。

また、フランスでは、三ツ星レストランで高級ワインを何杯も飲んだり、若い人が食べに来たりすること自体を「分不相応」として嫌います。

飽食でフードロスが問題になるこの時代、気を付けたいですね。

「food loss」の画像検索結果

食事での心理学はこちら