DELF B2 合格対策
このトピックを読む時間: 3

DELF B1合格対策ページはこちら

B2は「本物」のフランス語レベル

留学/就職レベルを目指そう!

あなたは、長い期間努力を重ね、ついにここまでたどり着きました。

それが、「本物のフランス語」レベルである、B2です。

さらにこの先には、DALF(C1、C2)がありますが、DELF B2からがフランス語圏での留学や就職においてあなたの実力を認められるレベルになります。

ですから、あと一歩、フランス語をレベルアップして、「本物」の仲間入りをしましょう!

改めて、DELF/DALFについて確認したい方は、下のサイトをご覧ください。

DELF/DALFとTCFについてはこちら

何が求められるか?試験内容を知り、対策しよう

毎度のことですが、試験を受ける前には試験内容を事前チェック。

再び「日本フランス語試験管理センター」のサイトを確認しましょう。

DELF B2については、以下のように解説しています。

(以下、「日本フランス語試験管理センター」サイトより引用)

DELF B2とは?

DELF B2レベルでは、使用者はさらに自立の度合いを増し、自分の意見を主張するために筋道の通った議論の流れを作ることができ、自分の見解を展開し、交渉することができます。このレベルの受験者は、社交的な談話の中で流暢に会話を交わし、自分の間違いを自分で修正することができるようになっています。

ヨーロッパ言語共通参照枠では、B2レベルの使用者が以下の言語的課題を達成できるとしています:

理解すること

聞くこと

長い会話や講義を理解することができる。また、もし話題がある程度身近な範囲であれば、議論の流れが複雑であっても理解できる。たいていのテレビの時事問題やニュースの番組も分かる。標準語の映画なら大多数は理解できる。

読むこと

筆者の姿勢や視点が出ている現代の問題についての記事や報告が読める。現代文学の散文が理解できる。

話す

こと

やりとり

流暢に自然に会話をすることができ、母語話者と普通にやり取りができる。身近な状況での議論に積極的に参加し、自分の意見を説明し、弁明できる。

表現

自分の興味関心のある分野に関連する限り、幅広い話題について、明瞭で詳細な説明をすることができる。時事問題について、ある見方を展開し、いろいろな可能性の長所、短所を説明できる。

書く

こと

書くこと

興味関心のある分野内なら、幅広くいろいろな話題について、明瞭で詳細な文章を書くことができる。エッセイやレポートで情報を伝え、一定の意見に対する支持や反対の理由を示すことができる。手紙の中で、事件や体験について自分にとっての意義を中心に書くことができる。


DELF B2の試験内容

試験の種類:B2

試験時間

得点

聴解
録音された2つのテキストを聞き、設問に答える。 

– インタビュー、ニュース番組等(聞き取り回数:1回)
– 解説、講演、スピーチ、ドキュメンタリー番組、ラジオ・テレビ放送(聞き取り回数:2回)

     聞き取り時間:最長8分

約30分

25点満点

読解
2つのテキストを読み、設問に答える。
– フランスもしくはフランス語圏に関する情報提供を目的とするテキスト
– ある主題について論説しているテキスト

60分

25点満点

文書作成
自分の見解を論証する(討論・公式文書・論評を参照して)。

60分

25点満点

口頭表現
与えられた短いテキストに関する見解の提示・論証

準備30分 
面接約20分

25点満点


筆記試験時間合計:2時間30分
*100点満点
*合格最低点:100点中50点
*各試験に必要な最低得点:25点中5点

DELF B2攻略法

さあ、いよいよDELF B2の攻略に向けた学習法をお伝えしていきます。

ここからは、「日本フランス語試験管理センター」のサイトで解説している出題傾向をもとに、その対策について解説していきます。

1 聴解(Compréhension de l’oral

➀概要

聴解は、2つの大問で形成されます。

大問1は、ドキュメンタリーのルポやインタビューといった情報系の番組を聞いて、その内容についての質問に答える問題です。

非常に長い内容にもかかわらず、本文を聴くことができるのは1回のみです。

英語の試験ではこれが当たり前ですが、DELFでは、ここで初めて1回限りの聴き取りに挑戦しなければいけません。

大きな変化とレベルアップと言えます。

大問2は、大問1と同じような番組や、スピーチなど様々な内容を聴き、質問に答える問題です。

こちらについては、本文を2回繰り返して聴くことができるので、落ち着いて内容の理解に努めましょう。

本文も問1と比べると若干短めですが、流れるように話題が展開していきます。

②学習のポイント

B2レベルになると、文章を何となく聞いていて理解できることはありません。

必ず、次のことを意識して聴き取る練習を繰り返しましょう。

・話のテーマは何かつかみ取る

・キーワードを拾い出す

・聴き取りのチャンスが2回あるとき、1回目はメモを取って、内容を頭に入れる

・婉曲的な言い方が多いので、その真意を読み取る

さらに、B2レベルになると、語彙も話題も、ただひたすらテキストの問題を反復練習するだけでは対応できないレベルに達します。

そのため、普段から生のニュースや情報番組を聴く習慣を身に付けましょう。

リスニングの学習については、他のページで紹介していますので、こちらをご覧ください。

https://francehappylife.com/how-to-study-french/

さらなるリスニングの習慣化におススメなのが、フランス語学習者用支援サイト「RFI SAVOIRS」の「Journal en français facile」です。

このサイトは、1日のニュースを10分間にまとめて放送する番組で、長さも内容もちょうどいいです。

ただ、ニュースの内容は、国際的な政治や情報関係のものが中心のため、まずは単語を理解するだけでも本当に大変です。

それでは、なぜこのサイトを紹介するかというと、耳で聴くだけでなくニュース原稿を読むことができるからなのです。

あなたが見たいニュースをクリックすると、「Transcription」の部分に、ニュース原稿が表示されます。

効果的な学習成果を上げるためには、同じニュースを3回反復しましょう。

まずは音声だけを聴いて概要をつかみましょう。

次に、ニュース原稿を見ながら音声を聴いて、あなたが聴いた内容があっていたかどうかを確認します。そして、分からなかった単語や語彙を確認し、特にキーワードになる内容はしっかりつかむようにしましょう。

3回目は、音声だけを聴いて、ニュースで伝えたい内容がしっかり聴き取れる状態に定着させます。

この反復練習を毎日欠かさず繰り返すことで、確実にリスニング能力が上がります。

③受験時のポイント

いつもの習慣として、音声が流れる前に問題文を先読みし、どんなことを聞かれるかできる限り頭に入れておきましょう。

最初の問題以外は、文章が読み上げられる順番に質問される形ですから、順番に設問を見ながら、解答を聴き取りましょう。

B2では、特に記述問題で、部分的に聴きとれただけでは正答を書けない場合があります。

それは、聴いた内容をそのまま解答として書いたのでは設問の意図することと会わない場合があるからです。

そんなときは、文章の内容を設問の意図に合わせる必要があります。

いきなり解答欄に答えを書き込まず、メモ用紙にメモしてから清書して書くようにするといいでしょう。

2 読解(Compréhension des écrits

➀概要

読解は、2つの大問で構成されています。

大問1は、新聞等の記事を読み取る問題です。

その内容は、フランスやその他のフランス語圏に関するニュースが中心で、その内容や事実をいかに理解できるかが問われます。

大問2も、新聞等の記事を読み取る問題です。

大問1と異なるのは、記事の内容が単なるニュースではなく著者の意見や議論的な内容が含まれる点で、著者の意図や文章を書いた目的をいかに読み取るかがポイントになります。

②学習のポイント

何よりも、「記事の文章に慣れる」ことが重要です。

B1までは、単語や語彙を理解していれば文脈を読み取ることができたのですが、B2では、より一層高い「読解力」が求められます。

その方法としては、フランスの有名なニュースチャンネルを登録して、しっかり読み込むことです。

主要なものとして、「Le monde」「Le Figaro」「RFI」といったものが挙げられます。

登録方法はあなたの好みですが、メルマガ、Facebookフォロー、ポッドキャスト登録などがあります。

そこで、私のおススメは、聴解の学習方法でも紹介しましたが、フランス語学習者用支援サイト「RFI SAVOIRS」の「Journal en français facile」です。

パソコンサイトで視聴すれば、音声のTranscriptionとして文章をすべて見ることができると紹介しましたが、まさにこれを読解用のテキストとして活用しましょう。

まずは音声を聴き、テキストを読む練習をすれば、リスニングとリーディングの学習が一石二鳥で進められます。

ますます、同じニュースを3回見聞きして理解を深めることの意義が高まりますよね。

③受験時のポイント

文章を読んで、全体の要旨をつかむとともに、個々の文が述べたい内容を理解するようにしましょう。

普段の学習から意識して取り組みたいのが、キーワードに関する複数の類義語や類義表現を読み取ることです。

同じ表現を繰り返すことを好まないフランス語では、さすがにB2レベルになると様々な表現を用いて話を進めていきます。

それぞれの言葉が別のものと考えてしまうと、文章のつながりをまったくつかむことができないため、類義語をチェックして、文脈のつながりをつかむようにしましょう。

3 文書作成(Production écrite

➀概要

B2の文書作成は、制限時間60分で250字以上の文章を書くことが求められます。

B1が45分で160字以上だったことを踏まえると、かなりレベルアップしています。

問題文として提示される文章は、B1と似ていますが、記述する文章の構成をより入念に準備しなければ、250字以上の内容あるものは書けません。

②学習のポイント

B1の文書作成で、「160字以上の文章を書く」というプレッシャーがものすごかったと思いますが、さすがはB2、より一層のレベルアップが求められます。

1時間はあっという間ですが、まずは問題をよく読んで、何を書くかしっかり分析してから書き始めることを意識して、反復練習しましょう。

そして、作成した文章を添削してもらいたい人には、

ネイティブ同士の助け合いサイト、「HiNative」がおススメです。

このサイトでは、自分の母国語と興味がある言語(学習したい言語)を入力して登録すると、他のメンバーからは、あなたの母国語(日本語)についての質問が来ます。

例えば、

「『ゲームは普通何時に始めますか?』は自然な言い方ですか?」など。

こういった質問に回答してあげることで、あなたにポイントがたまり、レベルアップしていきます。

そして、あなたがフランス語の表現で分からないことがあれば、フランス語のネイティブの人たちが教えてくれます。

同じように、他の人がした質問は何か見ることで、あなたにとっても参考になることがたくさんありますから、ゲーム感覚で楽しく参加してみましょう!

③受験時のポイント

B1の時と同じようなアドバイスになりますが、60分の制限時間はあっという間です。

普段の学習時から、時間配分に気を付けてほしいところですが、改めて時間の内訳をまとめました。

まず、最初の10分で記述する内容のプランを練りましょう。

そのためには、テーマをよく読み、どんな目的で、誰を対象としていて、どのようなことをするか読み取る必要があります。

次に、45分間に全力をかけて記述しましょう。

テーマはスポーツや健康に関するものが多いので、普段から語彙力を磨いておくといいでしょう。

あなたが準備した言葉をうまく組み合わせて、文章と段落を構成していきましょう。

焦りは禁物ですが、のんびりするわけにもいかないので、全速力で書いていきましょう。

そして、最後の5分間で最終チェックしましょう。

250字以上とありますが、せめて240字は書くようにしましょう。

そして、綴りや文法に間違いがないか、再チェックして、終了しましょう。

(以下、「日本フランス語試験管理センター」サイトより引用)

文書作成試験

この試験では、与えられた状況設定に応じて、240語から260語の文書を作成しなければなりません。

状況設定の一例を以下にあげます。

Les charges qui pèsent sur les étudiants n’ont cessé d’augmenter les années passées, privant certains d’entre eux de la possibilité de faire les études de leur choix. Vous êtes porte-parole d’une association d’étudiants qui défend le droit à la formation pour tous. Vous écrivez au Ministre de l’Education pour l’alerter sur la situation. Vous donnez 2 ou 3 faits précis sur le contexte et vous lui rappelez pourquoi il est important pour un pays d’avoir une jeunesse bien formée. Vous proposez également une ou deux mesures pour améliorer la situation.

■ 書き始める前に、次の要点をつかむため、状況設定をよく読まなくてはなりません。

a. 状況«Vous êtes porte-parole d’une association d’étudiants qui défend le droit à la formation pour tous. Vous écrivez au Ministre de l’Education pour l’alerter sur la situation. »「あなたはすべての人に教育の権利を守る学生の会の代表です。あなたは文部大臣に現状を訴える手紙を書きます。」

b.文の種類«Vous écrivez au Ministre de l’Education pour l’alerter sur la situation. »「文部大臣に現状を訴える手紙を書く」つまり、公式の手紙なので、手紙の書き方の書式を知らなくてはなりません。

c.テーマ: «Les charges qui pèsent sur les étudiants n’ont cessé d’augmenter les années passées, privant certains d’entre eux de la possibilité de faire les études de leur choix. »「過去数年にわたり、学生の費用負担は増加し続けており、それ故、学生の中には希望の勉学をする可能性を奪われている者もいる。」

d.プラン«Vous donnez 2 ou 3 faits précis sur le contexte et vous lui rappelez pourquoi il est important pour un pays d’avoir une jeunesse bien formée. Vous proposez également une ou deux mesures pour améliorer la situation. »この文脈での23の明確な事実をあげ、何故、若い時にきちんとした教育を受けさせることが国にとって大切かを思い起こさせます。状況を改善するための1、2の措置も提案します。」

注意a. b. d. の項目は状況設定の中にいつも明示されているとは限りません。もしa.b.の項目が明示されていなければ、提案されたテーマについて«エッセィ»風に、普通の文体で書いてください。もしd.が明示されていなければ、自分でプランを考えないといけません。プランに含まれる要素は、利点、難点、原因、結果、賛成、反対、等になるでしょう。

次いで、しなければならないのは、

  • プランを見つけること(もし状況設定の中で明示されていないなら)、または指示されたプランに従うこと

  • 個人的な考えや例を見つけること

  • car, donc, et puis, etc. car, donc, et puis、等の論理的な接続表現を使って、それらの考えを組み立てること。

■ プランが決まったら、書き始めることができますが、そのためには

1. 要求されている文の種類の書き方の決まりを守ってください。

2. テーマとプランを示す導入部を書いてください。

3. パラグラフごとにそれぞれの考えを説明してください。

4. 結論には、総括的な考えをのべるようにしてください。

(例に挙げられている状況でのまとめの考えは次のようにすることができるでしょう。)

 Pour terminer, j’aimerais préciser que l’enjeu est de taille puisqu’il en va de l’avenir de l’égalité dans notre pays.「終わりに、わが国における教育の平等の将来がそれにかかっており、この争点は重要であるとはっきり言い添えたいと思います。」

 この試験はB1レベルの試験と非常に似ています。違いは語彙の広がりと要求されている文法の知識の広がりにあります。B1よりもさらに高度な構文のレベルおよび語彙とより正確な論理的接続表現の使い方が期待されるでしょう。文書作成に要求される単語の数もかなり多くなっていることにも注意してください。

4 口頭表現(Production orale

➀概要

口頭表現テストは、2つの大問で構成されます。

このテストは、B1の3問目の内容とよく似ています。

まず、大問1と2の問題文である、新聞やブログの抜粋箇所のテキストを読みます。

試験官との口頭試験の前に、2つの文章の論点について議論のためのメモを作成する時間が30分間与えられます。

次に、テキストの内容や論点に関する試験官の質問に対して、あなたの意見を述べます。

その後は、試験官と質疑応答形式で文章のテーマについて話し合います。

②学習のポイント

最優先することは、テキストのテーマとキーワードを読み取るための練習を繰り返すことです。

このレベルでは、ただテキストを読んでいても、はっきりと何がテーマか読み取れないような概念的な表現がよく使われます。

その中にある真意を読み取り、あなた自身の考えをまとめることは、たとえ日本語でも難しいレベルだと思います。

ここでも役に立つオンライン学習が、「italki」です。

サイトはこちらから

このサイトは、もともとオンラインであなたの先生を見つけて、オンライン外国語会話の学習をするためのサイトです。

講師によって1レッスンの単価は異なります。

その理由は、講師としての熟練度によるものです。

フランス語ネイティブであっても、指導経験が少ない人は単価が低いですし、指導経験があり実績も伴っている人は、自信を持って強気の単価設定にしていることが多いです。

それだけに、基本的に単価の高い講師は優秀です。

フランス語の指導だけでなく、引用されるテキストが作成された歴史的・文化的なバックグラウンドについても説明してくれることがあるため、単純にそのテキストの内容を学ぶだけに終始しないのです。

これは、B2やそれ以上のレベルであるDALFを受験する上でとても重要な情報になります。

ただ、単価は低くても意欲が高く、よく勉強してきている講師もいますから、今後の大先生を発掘するための先行投資として講師と一緒にあなたも成長していくというのもアリだと思います。

単純に語学学校に通うのとは異なり、本当に様々な講師と出会い、様々なことを学ぶことができるのがitalkiの素晴らしい点だと思います。

参考までに、別のページでitalkiの紹介をしていますので、ここにリンクを貼っておきますね。

https://francehappylife.com/francais-ecrit-italki/

③受験時のポイント

質疑応答であなたの意見をはっきり述べるためには、会話上手になりましょう!

なんて、そんなに簡単にはいかないですよね…。

だから、いくつかのパターンで、論述のフォーマットを準備しておきましょう。

あなたが述べる内容は、当日のテキストの内容に合わせて準備時間中に作成するとして、フレームを準備しておけば、空欄補充問題のように難易度がぐっと下がります。

次は、質疑応答対策です。

お話上手で、ましてディスカッション大好きという人なら、ここは大好物だと思いますが、日本語ならともかくフランス語でディスカッションするのは本当に大変です。

そこで、試験官から答えに困るようなことを言われた時の沈黙対策をしましょう。

それは、「まずは相づちを打つ」ということです。

といっても、本当にうん、うんと反応してもしょうがないので、とにかくまずは一言、「Ah, vous avez raison.」と言っておきましょう。

その上で、「Je pense…」とか、「Mais…」とつないで自分の意見を言えば、試験官の言っていることはいったん受け止めてあなたの考えを述べることができます。

また、とりあえずの相づちフレーズを言ってからあなたの意見を言い始めるまでに少し間が空くくらいなら、言葉を選んで話す印象になるため沈黙とは全然印象が異なります。

加えて、「様々な見解があると思いますが、これが私の意見です」という意味で、

Tout le monde a son opinion, mais celle-ci est la mienne.」

「On a tous une opinion différente sur les choses et j’ai la mienne.」

といった言葉で締めれば、きちっとあなたの意見を総括することができますよ。

(以下、「日本フランス語試験管理センター」サイトより引用)

口頭表現試験

この試験はB1レベルの口頭試験の3番目の問題に似ています。このサイトの「レベルB1のよりよく知るために」の項目を参考にしてください。

合格するために必要なテクニック(プラン、考えのまとめ方)は同じです。ただ、レベルが上がっているので、要求されるのは次の点です。

より概念的なテーマのテキストを読むこと

より正確で、より適切に考えを発展させること

あなたがプランの中で示す情報についての一層詳しい説明をすること

その上、この試験はB1レベルにはない)討論を含みます。討論中に、面接官はあなたの考えの論点に反対の意見を言いますから、それに反論しなくてはいけません。

「interview」の画像検索結果