DELF B1 合格対策
このトピックを読む時間: 3

一歩前で復習しましょう!

DELF A2合格対策ページはこちら

B1からが「中級」レベル

留学/就職レベルまでもう少し!

フランス語初級の卒業試験ともいえるDELF A2。

そのテストに合格または合格レベルに達したあなたは、もうFrancophoneの仲間入りです。

さあ、次はB1。

フランス語テストの中では、「Intermediate(中級)」に分類され、A2と比べてもずっと実用的な内容が入ってきます。

このレベルをクリアすれば、次はフランス語圏の国々で留学や就職するのに有利になる、B2レベルが視界に入ってきます。

さあ、次の目標も頭に置いて、合格しましょう!

改めて、DELF/DALFについて確認したい方は、下のサイトをご覧ください。

DELF/DALFとTCFについてはこちら

いつものように:試験内容を知ろう

毎度のことですが、試験を受ける前には試験内容を事前チェック。

再び「日本フランス語試験管理センター」のサイトを確認しましょう。

DELF B1については、以下のように解説しています。

(以下、「日本フランス語試験管理センター」サイトより引用)

DELF B1とは?

DELF B1レベルでは、使用者は自立可能になります。やりとりを維持すること、議論を理解、継続し、自分の見解や意見を述べることができます。日常生活の予期せぬ状況にも対処できます。

ヨーロッパ言語共通参照枠では、B1レベルの使用者が以下の言語的課題を達成できるとしています:

理解すること

聞くこと

仕事、学校、娯楽で普段出会うような身近な話題について、明瞭で標準的な話し方の会話なら要点を理解することができる。話し方が比較的ゆっくり、はっきりとしているなら、時事問題や、個人的もしくは仕事上の話題についても、多くのラジオやテレビ番組の要点を理解することができる。

読むこと

よく使われる日常言語や、自分の仕事関連の言葉で書かれた文章なら理解できる。起こったこと、感情、希望が表現されている私信を理解できる。

話すこと

やりとり

当該言語圏の旅行中に起こりやすいたいていの状況に対処することができる。例えば、家族や趣味、仕事、旅行、最近の出来事など、日常生活に直接関係のあることや個人的な関心事について、準備なしで会話に入ることができる。

表現

自分の経験や出来事、夢や希望、野心を簡単な方法で語ることができる。意見や計画に対する理由や説明を簡潔に示すことができる。物語を語ったり、本や映画のあらすじを話し、またそれに対する感想・考えを表現できる。

書くこと

書くこと

身近で個人的に関心のある話題について、簡単でつながりのある文章を書くことができる。私信で経験や印象を書くことができる。

DELF B1の試験内容

試験の種類:B1

試験時間

得点

聴解
録音された3つのテキストを聞き、設問に答える(聞き取り回数:2回)

     聞き取り時間:各テキスト最長6分

約25分

25点満点

読解
2つのテキストを読み、設問に答える。
– 与えられた課題に対して有用な情報を取り出す。
– 一般的なテーマに関するテキストの内容を分析する。

35分

25点満点

文書作成
一般的なテーマ(エッセィ、手紙、新聞記事等)に関して個人的見解を表現する。

45分

25点満点

口頭表現
試験は以下の3部で構成される:
    – 面接官の質問に答える
    – 面接官とのやりとり 
    – 与えられたテキストに対する見解の表現

準備10分(第3部の準備)
面接約15分

25点満点


筆記試験時間合計:1時間45分
*100点満点
*合格最低点:100点中50点
*各試験に必要な最低得点:25点中5点

DELF B1攻略法

さあ、いよいよDELF B1の攻略に向けた学習法をお伝えしていきます。

ここからは、「日本フランス語試験管理センター」のサイトで解説している出題傾向をもとに、その対策について解説していきます。

1 聴解(Compréhension de l’oral

➀概要

聴解は、3つの大問で形成されます。

それぞれ、本文は2回繰り返して聴くことができます。

大問1及び2は、2人の男女が日常や仕事について話す内容を聴き取り、どんなことを話したか、何を提案したかなどについての選択問題と記述問題に解答します。

大問3は、ラジオ番組を聞いて、その内容に関する質問に解答します。

その内容は、インタビューやあるテーマについて解説する形式です。

②学習のポイント

テキストの音声を繰り返し聞き、どのように話が展開するかをつかんでおくことが大切です。

そして、B1の内容で大きくレベルアップするのが、解答のキーワードになるフレーズを正確に聴き取り、記述しなければならないことです。

A2でも記述問題はありますが、日時、場所など比較的シンプルな内容を記述するだけでしたが、B1では、より長い内容を聴き取って正確に記述しなければいけません。

そのため、問題文の先読みに集中し、話題がその問題に近づいてきたときに気づけるようになりましょう。

さらに、音声を2回聴くことができるので、1回目でおおよその内容をつかみ、2回目で確実に聴き取って答える練習を繰り返しましょう。

③受験時のポイント

まず、音声が流れる前に問題文を先読みし、内容をつかみましょう。

その際、メモ用紙に聞き取るべきキーワードをメモしておくといいでしょう。

1回目の音声では、話題の内容をつかむことに全力を尽くし、もしその中で問題文の解答に当たる内容がはっきり分かれば、メモしておきましょう。

そして、十分聴き取れなかった部分については、2回目で確実にとらえられるようにメモしておき、問題文をもう一度読んで確認しましょう。

2 読解(Compréhension des écrits

➀概要

読解は、2つの大問で構成されています。

大問1は、食事やスポーツ、レジャーといったイベントについて、4つの候補が提案され、イベントを開催するに当たって必要な5つの項目に合致するかチェックしていき、最終的にどの候補を選択するかという問題です。

大問2は、コラムのような短い文章を読み、文章の中のいくつかのポイントについて、その概要や本文の内容と合致するかといった質問に解答する問題です。

②学習のポイント

大問1については、あなたのチェック力が正解に結びつきます。

5つの必要条件について、読んでいくうちに1つ1つチェックする作業そのものが解答になります。

その結果、どの候補が適切か分かるように誘導されますから、落ち着いて文章を読み、必要条件に答えている箇所に下線を引くことから始めましょう。

おそらく、やっているうちに、こんなに親切な問題はないと感じるようになりますよ。

大問2についても、基本的に本文を1段落ずつ読み進めながら問題に答えていく形になります。

ただ、最初の2つの問題については、文章全体から読み取るものも多いため、頭に入れておいて3番以降を回答していくようにすれば、順番に答えを導き出すことができます。

そして、学習の際に気を付けてほしいことは、分からないからと言ってすぐに単語の意味を調べるのはやめましょう。

あくまで、文脈で「こんな感じかな?」というのをつかみ、問題を解き終わってから単語の意味を調べるようにしましょう。

この練習を続けていれば、文脈から大意を想像して読み進める力が付きますよ!

③受験時のポイント

大問1は、学習時に反復してきた、「1つ1つチェックする」作業を確実にすれば、問題なく正答できます。

やり方としては、候補1つずつつぶしていくことです。

必要条件に合わせて1つずつチェックしていくと、候補それぞれの文章を読み切らないまま次に移るようになるので、おススメできません。

大問2についても、大問1と同じように丁寧なチェックが第一です。

問題①と②はとりあえず飛ばして、本文を読みながら解答できる③以降をチェックしながらクリアしていきましょう。

途中、単語の意味が分からなくても、文脈でとらえられれば大丈夫です。

パニックにならないで、広い視点で文章を読めるようにしていきましょう。

3 文書作成(Production écrite

➀概要

B1の文書作成は、制限時間45分で160字以上の文章を書くことが求められます。

作成する文章は、①手紙、②エッセイ、③記事の3種類のうちの1つが出題されます。

どの内容について文章を書くにしても、問題文の文脈から、説明すべき事実や出来事、話題に取り上げるべき意見や感情的部分を読み取って記述することが必要です。

ちなみに、それぞれの問題文の概要は以下のとおりです。

-手紙

問題文として出された手紙の返事として、手紙を書きます。

手紙には、仕事等のフォーマルなものや、友人などによるカジュアルな内容があります。

相手の提案をもとにあなたの考えや意見を書き、手紙の最後にお礼やあなたからの要求を記載して締めます。

-エッセイ

職場や社会的な政策などに対して、あなたの自由な提案を記述します。

例えば、職場の福利厚生についての意見や、街の公共交通機関を市民がより良く活用できるような提案を出すといったものです。

-記事

新聞、学生向け雑誌等の記事について、あなたの考えを述べるものです。

ここで言う「考え」とは、記事中に求められるあなた自身のアイデアや、役立つ経験など、そのテーマに合った内容を積極的に記述していくことです。

「journal de quartier euquete」の画像検索結果

②学習のポイント

B1の文書作成は、「45分の制限時間で、160字以上の文章を書く」という、A2と比べてぐっと難易度の高い内容です。

「160字以上の文章を書く」というプレッシャーで、すぐにでも書き始めたくなるところですが、焦りは禁物です。

まずは問題をよく読んで、何を書くかしっかり分析してから書き始めることを意識して、反復練習しましょう。

文章を書く上で押さえておくポイントは、

・誰が誰に書いたメッセージか

・何の目的で書いているか

・どんな内容について説明しているか

の3点です。

そして、あなたが書く文章の核になる、①書かれた事実、②書き手の考えの2つの要点を押さえましょう。

上に挙げた材料をそろえてから、あなたが書く文章を2,3の段落に分けて書けるように構成しましょう。

さらに、文章を展開していくとやりがちな、「同じ表現を繰り返す」ことは避けましょう。

表現の言い換え、いわゆる「パラフラーズ」を可能な限り覚えて、同じような表現でも3つか4つの方法で使い分けられるように訓練しましょう。

③受験時のポイント

いきなりプレッシャーをかけて申し訳ありませんが、45分の制限時間はあっという間です。

普段の学習時から、時間配分に気を付けてほしいところですが、改めて時間の内訳をまとめました。

まず、最初の10分で記述する内容のプランを練りましょう。

そのためには、テーマをよく読み、どんな目的で、誰を対象としていて、どのようなことをするか読み取る必要があります。

次に、30分間に全力をかけて記述しましょう。

テーマはスポーツや健康に関するものが多いので、普段から語彙力を磨いておくといいでしょう。

あなたが準備した言葉をうまく組み合わせて、文章と段落を構成していきましょう。

焦りは禁物ですが、のんびりするわけにもいかないので、全速力で書いていきましょう。

そして、最後の5分間で最終チェックしましょう。

そこでの最優先は字数です。

絶対に160字は超えていないと大幅減点ですから、まずはそこをクリアします。

そして、綴りや文法に間違いがないか、再チェックして、終了しましょう。

「corriger」の画像検索結果

(以下、「日本フランス語試験管理センター」サイトより引用)

この試験では、与えられた状況設定に応じて、160語の文書を作成しなければなりません。

以下に状況設定の一例をあげます。

Vous avez passé un mois en France pour étudier le français. Vous avez habité chez une famille

  française. Vous écrivez un article pour le journal de votre université afin de montrer les avantages

et les inconvénients de cette cohabitation. (160 mots)

「あなたはフランス語を学ぶためにフランスで一ヶ月過ごしました。フランス人の家庭に滞在しました。あなたはこの滞在方法(ホームステイ)の利点と難点を述べて、あなたの大学の新聞に載

せる記事を書きます。」(160)

 書き始める前に

1. 状況設定を読んで、 次の各点をつかみましょう。

a. 状況:“Vous avez passé un mois en France pour étudier le français. Vous avez habité chez une famille française.” 「あなたはフランス語を学ぶためにフランスで一ヶ月 過ごした。フランス人の家庭に滞在した。」

b. 文章の種類:“Vous écrivez un article pour le journal de votre universitéあなたの大学 の新聞に載せる記事を書く」

c. テーマcette cohabitation”  家庭滞在」

dプラン les avantageet les inconvénients 利点と難点」

注意 a. b. d.の項目は状況設定の中にいつも明示されているとは限りません。もしa.b.の項目が明示されていなければ、提案されたテーマについて、«エッセィ»風に、普通の文体で書いてください。もしd.が明示されていなければ、自分でプランを考えないといけません。考えを組み立てるのに、次のような点を考慮すると役に立つでしょう、つまり、原因、結果、利点、難点、賛成、反対、等です。

2.プランを見つけること(もし状況設定の中で明示されていない場合)、または指示されたプラン に従いなさい。

3.提示されたテーマに関連して、個人的な考えや例を見つけなさい。

4.car何故なら, doncだから, et puisそれから、等の論理的な接続表現を使って、それらの考えを組み立てなさい。

 上記の1,2,3,4の段階を踏んだ後に、書き始めることができます。そのためには

5.あなたが書こうとするテーマとプランを示す導入部を書きなさい。

6.文書の各パラグラフに、それぞれの考えを説明しなさい。

7.結論には、総括的な考えを書きなさい。

4 口頭表現(Production orale

➀概要

口頭表現テストは、3つの大問で構成されます。

その内容については、「日本フランス語試験管理センター」の解説がとても分かりやすいです。

下に掲載していますので、そちらをご参照ください。

②学習のポイント

いつものように、大問1は約90秒間の自己紹介です。

この間に①あいさつ、②あなたについて、③家族について、④趣味や好きなこと、⑤仕事や学校について、⑥週末やっていること、などについて自己紹介します。

事前に作ったフォーマットをしっかり覚えて、当日はそれを言えるようにしておきましょう。

大問2のロールプレイでは、とにかく「役者になる」ことを目指しましょう。

問題の中では、話題が2つ提示され、あなたが話を進めたい内容を選んで、その内容についてロールプレイをするというものです。

試験官の役割としては、友人、上司、店員など、話題によって異なりますから、あなたも相手によって話し方や話す内容を考えて演じる必要があります。

フランス語を話す時点で、普段日本語を話す時とは違う、「フランス人」になって話すようにしたら、楽しめますよ。

ロールプレイを、「恥ずかしい、嫌だ」と考えてしまうと、途端につまらなくなります。

それよりも、あなたが役者になって「楽しむ」意識でロールプレイをやりましょう。

大問3では、10分の準備時間の活用法を身に付けることが第一です。

この時間を、話す内容を作文する時間にしてしまうと全く足りませんし、質問によって対応できたりできなかったりという「ヤマを貼る」状態になってしまいます。

ですから、まずは問題文の要点をチェックして、キーワードをメモしていきましょう。

その上で、あなたが話したいことの概要をキーワードでつないでまとめましょう。

ある意味無理矢理にでもその話題に持っていくための「テッパン」ネタを仕込んでおくのです。

論文でも同じことが言えますが、話題を自分の得意分野に持って行くのは攻略の第一歩です。

会話の練習をしなくても、問題文を読んで、「自分ならこう話そう」ということを文章にまとめるといいですよ。

それなら、後であなた自身が見直すこともできますし、修正してもらうこともできます。

③受験時のポイント

問1、問2については、これまでのA1やA2ですでにクリアしてきた内容と同じような内容です。

問2は話す内容のレベルアップが必要な部分はありますが、それほど気負うことはありません。

そして、最後の問3では、とにかくあなたの得意分野に話題を持って行くようにしましょう。

最初の意見を選択する部分では、それなりに話す内容を即興で考えなければいけませんが、その後うまく話題をあなた側に寄せていきましょう。

(以下、「日本フランス語試験管理センター」サイトより引用)

口頭表現試験

この試験は次の3問:簡単な自己紹介、面接官とのロールプレイ、短いテキストの主題についての簡単な発表、からなります。試験当日、試験内容を知り、問3について10分間の準備時間があります。パニックに陥ってはいけません。問題は常に語学のクラスで行ったことのある類のもの、あなたのレベルに合ったものです。

  • 面接官はまずあなたに手短な自己紹介をすることを求めます。続いて、あなたが選んだ状況設定でのロールプレイを面接官と行います。最後に面接官は、あなたが選んだテキストのテーマについて発表をするように求めます。

次にロールプレイを行う状況設定の1例をあげます。

« Vous êtes souvent en retard pour le cours de français. Aujourd’hui, votre professeur n’est pas content et il vous demande des explications ».

あなたはフランス語の授業によく遅刻します。今日、先生は不満で、あなたに説明を求めます。」

気をつけるのは、先生の役を演じる人は“満足していない”ということです。だから、彼が怒っているように見えても心配しないでください。彼はフランス人らしく、その役割を演じます。彼を納得させるようにするのがあなたの役割です。

この試験の3問目で、あなたは見解の発表をしなくてはいけません。この問題でなすべきことは、

a.テーマを見つけるためにテキストを読むこと

b.プランをたてること、そのためにいくつかの論点(理由、結果、利点、難点、賛成、反対、等)を選ぶこと

c.次のような論理的接続表現:car(何故なら), donc(だから), et puis(それから) 等を用い、考えをまとめること 

d.これらの考えを口頭で述べること

次のテキストから上記a. b. c. d. の例をあげます。

Nintendo lance un nouveau jeu vidéo

L’utilisateur du jeu est confronté à des questions touchant aux mathématiques, à la lecture et à des tâches simples. Il peut conserver les scores de ses précédentes parties, de façon à contrôler l’évolution de ses «capacités cérébrales ». Le groupe de jeux vidéo japonais Nintendo a annoncé mercredi le prochain le lancement en Europe et aux Etats-Unis de son jeu d’ «entraînement cérébral » censé prévenir les pertes de mémoire et autres troubles neurologiques liés au vieillissement. Ce jeu, nommé «Brain Age », dont les deux éditions japonaises se sont déjà vendues à 3,9 millions d’exemplaires depuis leur lancement en mai 2005, sera commercialisé le 17 avril aux Etats-Unis dans sa version anglaise. Des versions en allemand, anglais, espagnol, français, italien et néerlandais seront lancées en Europe en juin.

Thème : Les jeux vidéos  テーマ:ビデオゲーム

Aspects positifs  プラス面

Aspects négatifs  マイナス面

1. Aide à la socialisation des enfants子供の社会性を助ける

Mais aussi, また

2. Développement de l’imagination, de l’intelligence (stratégie pour gagner) 想像力、知性を発達させる(勝つための手段)

(ex : des jeux qui proposent un monde fantaisistes, imaginaires, etc)

(例:空想的、非現実的世界、等を提供するゲーム)

De plusその上

3. Aide aux personnes âgées. (ex : Nintendo)

 年配者を助ける (例:任天堂)

Par ailleurs, 其の他にも

4. Source d’emploi importante. 雇用の重要な源

5. Sorte de dépendance

 一種の依存症

Et puis, 次いで

6. Danger de ne plus pouvoir discerner le réel du virtuel. Ex : crimes.  現実と仮想の区別がつかなくなる危険 

例:犯罪

Ensuite, さらに

7. Replis sur soi 自閉症

Enfin, 最後に

8. Influence sur la santé.

(Ex: maladie des yeux, du dos, etc.)

健康への影響(例:目、背中、等の病気)

最後に次のことを助言します。

 5つから8つの考えを見つけること。試験時間は短く、7分しかありません。

 あなたの考えの説明文を書こうとしないこと。書く時間はなく、口頭でしなくてはいけない。

 考えはメモの形で書き、文章を書いて説明しようとしないことです。

「role play」の画像検索結果

次のレベルへ!

DELF B2合格対策ページはこちら